野うさぎチモ実の健康録

健康・ダイエット・アウトドア・日々思うことを書いていきます。

秋といえばサンマ!その栄養と2018年は値段が安い理由

f:id:kenkou630:20181012220842j:plain

写真はイメージです。

 

 

秋になると、サンマは脂がのって、めちゃくちゃ美味しいですよね!


私の旦那様は、基本「肉」や「スイーツ」が好みで、魚は食べにくいしちょっと苦手なようなのですが、サンマは別物らしいです。


グリルで焼くと、皮がパリッとしてて、皮に適度に塩が効いてて最高です。


肝の方も少しだけ箸先につけて、身と一緒に頂きます。


ほろにがでお口の中がまさに(幸福)ですよね。


そんなサンマですが、お値段がだんだん上がっているとか…?


でも2018年は、値段が安くなっているとか…?


その理由なども併せて、サンマの栄養も含め、お伝えしていければと思います。

 


2018年のサンマの値段は安い?!秋の味覚を存分に味わおう!

f:id:kenkou630:20181012220902j:plain

写真はイメージです。

 


去年や、その前の年は「サンマの値段が高めだったこと」を覚えている人も少なくないでしょう。


本来100円程度で購入できるサンマも、2017年は500円くらいで販売しているお店もあったかもしれません。


ご家庭によっては、「去年やその前の年はサンマをあまり食べなかった」というところもあるかもしれませんね。

 

ちなみに、我が家も「サンマ食べなかった派」の一軒です。


しかし、今年のサンマの漁獲量は8月の段階で、もっともピークの量を獲れていたとされています。


そのため、10月に入った今が、一番安い時期といっても過言ではないでしょう。


秋到来!どうして2018年はサンマの漁獲量が増えたの?

f:id:kenkou630:20181012220939j:plain

写真はイメージです。

 


サンマの漁獲量は、平成20年に30万トンを超えていましたが、年々減少していきました。


その理由として3つ挙げられる理由があります。


・中国、台湾などの漁船がサンマを多く獲ったり、先獲りしたこと


・水温が変化してしまったことで、稚魚が少なくなったこと


・サンマの漁場が沖合に移動したこと


ちなみに2017年、日本はサンマの漁獲量が非常に少なく値段も高騰する中、中国のサンマの漁獲量は5年前に比べると24倍ほどにまで増加していたともいわれています。


ただ、中国が沢山サンマを獲ってしまったから、日本の漁獲量が減ったという理由と結びつけるのは難しいといえます。


2018年はどうしてサンマの漁獲量が増えたの?!

f:id:kenkou630:20181012221000j:plain

写真はイメージです。

 


サンマの漁獲量が増えた単純な理由は、実ははっきりしていないのが現状です。


そもそも、サンマの回遊航路はとても広く、研究があまり進められていないというのが現状です。


回遊航路が広いとなれば、それだけ管理する範囲が広くなるわけで、その分研究にお金がかかります。


だから、研究がなかなか進まないといわれると納得できます。


とにかく値段が安くなった嬉しい秋のごちそう「サンマ」を食べよう!

f:id:kenkou630:20181012221052j:plain

写真はイメージです。

 


何はともあれ、一消費者としては安い物を安全に美味しく頂くことができるのは、「感謝」以上の言葉が見つかりませんね。


しかもサンマは、栄養がとても豊富です。


DHAEPAが豊富


青魚の代表的な栄養といったら真っ先にお伝えしたい栄養はこれです。


DHAEPA中性脂肪コレステロールの低下を助け、動脈硬化や高コレステロール症などを防ぐのに役立つといわれています。


・肝臓に優しい


サンマはナイアシンとビタミンも豊富に含まれており、アルコールの分解を助けるとされています。


また、タウリンも豊富で肝臓の働きをサポートしてくれる役割も期待できるのです。


大根おろしで頂くことで、胃にも優しいです。


ビタミンB12が豊富


サンマには鉄分も多く含まれているとしていますが、鉄分だけでなく、ビタミンB12も一緒に補うことができます。


2つの栄養は貧血の予防が期待できるのです。


このことからも、サンマはめちゃくちゃ体によいといえます。


しかも美味しいので、旬の秋にたくさん頂いてほしい食べものです。


2018年秋のサンマは値段が安い!サンマを骨まで丸ごと頂こう!

f:id:kenkou630:20181012221124j:plain

写真はイメージです。

 


今までいろいろとお話ししてまいりましたが、サンマは当然ながら「魚」なので、細かい骨がたくさんあります。


いくらお値段が安いといっても、お子さんは「骨が気になってあまり箸が進まない」という人もいるかもしれません。


そんな時に活躍してくれるのが、圧力鍋です。


ちょっと手間はかかりますが、この方法で食べるサンマは頭から骨まで柔らかく頂くことのできるので、おすすめです。


用意するもの


・圧力鍋
・アルミホイル
・蒸し器


材料


・サンマ
・塩 塩焼きに使用する分量くらい
・水 適量


①圧力鍋に蒸し器をセットし、蒸し器から見えない程度の水を入れる。


②サンマに塩を適量振って、アルミホイルに丁寧に包む。


③アルミホイルに包んだサンマを、蒸し器の上に並べて蓋をします。


④30分加圧します。


⑤アルミホイルを広げ、グリルで焼き、焼き色がつけば完成です。


圧力鍋で加圧することで、サンマの塩焼きも骨ごと頂くことができますよ。


2018年美味しい秋の味覚「サンマ」の値段が安い!たくさん食べよう!

f:id:kenkou630:20181012220902j:plain

写真はイメージです。



今回は、サンマの漁獲量についてや、栄養などもお伝えしてきました。


今年は去年に比べてサンマが多く獲れている理由などはわかっていませんが、美味しい物が頂けるということはとてもありがたいことですね。


また、基本的に、旬の食べ物には多く栄養が含まれているといわれているので、サンマを健康的な食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。