野うさぎチモ実の健康録

健康・ダイエット・アウトドア・日々思うことを書いていきます。

行きつけのスーパー「マルシェ」の雰囲気が一気に悪くなり、一気に良くなった話

今日、パートの帰りに「晩御飯何にしようかなぁ」と考えながら、行きつけのスーパーに到着しました。

 

「マルシェ」を聞いた事がある人もいるのではないでしょうか?

 

2017年とまだ記憶に新しい「ポテトサラダから食中毒」で、ちょっと話題になったスーパーです。

 

今は、引っ越しして自宅からちょっと離れてしまったのですが、職場から近いので、割と毎日利用しています。

 

今日のメニューを「焼き鳥」に決め、家にはない材料を購入しに、マルシェに入りました。

 

焼き鳥の間に刺す野菜を探していると、レジの方からおじさんの声がします。

 

「おいおいおい!!計算もできないのかぁ?おばあさんよぉ」

 

余りの声量の大きさに、私はちょっと驚き、自然とレジの方を見ました。

 

すると、こんな体制で、袋詰め専用のテーブルに座るおじさんを発見。

※これはイメージです。

f:id:kenkou630:20180622161156j:plain

 

さらに、写真のミーアキャットの様に座るおじさんは、続けていいます。

 

「おばあさん、ほら!後ろいっぱい並んでるぞ急げよぉ~」

 

「さっさとやってくんねぇと時給カットかぁ?おい!わははは」

 

それ以降も騒ぎながら話しています。

 

一方的な会話を理解し、整理すると、おそらく話の流れはこんな感じでした。

 

ミーアキャットおじさんの買う商品のレジ打ちしてた

レジ打ち間違え(おそらく返金)

どこを間違えたか店員さんパニック

ミーアキャットおじさん騒ぐ←今ここ

 

マルシェの端っこにいたとしても、確実に解るレベルの声の大きさで怒鳴り続けるミーアキャットおじさん。

 

私は、基本的に大声とか、暴力的表現が苦手です。

 

仕事がキライで、自分に激甘な私が同じ立場にたたされてしまったとしたならば、早退しちゃいます。(業務放棄)

 

私は居心地の悪さから、店内を早歩きで回って、さっさと帰ろうと食材を選びます。

 

レジに並ぶ頃には、ミーアキャットジジイはもう店を後にしていて、ほっと一安心です。

 

さっきまでの混雑はどこへやら、レジに他のお客さんもいなくて「ラッキー」と思い、レジに並びました。

 

人生の先輩であろう女性が、目の奥に悔しさや憤りを溜めながら「100円、198円…」とレジをこなしています。

 

仕事中だし、迷惑だろうけど「さっきのおじさん大変でしたね」と、いつの間にか私の口が勝手に動いていました。

 

すると、レジの女性は笑顔で「いえ、私が悪いんで」と平然としていました。

 

私は「よくここ利用させてもらってるんですけど、ああいう人初めてみました」そう言うと、レジがひと段落したようで、ポイントカードの有無を確認されました。

 

はて?ポイントカード?マルシェのカードってあるんだ!

 

そう思いながら「無いです」と答えました。

 

レジの女性は「あら?よく来ていただいてたのに、ポイントカードのご案内がなかったんですね、申し訳ございません。」と、とてもご丁寧・・・汗

 

続けて「今日はポイントカードを作るのが50円と普段よりもお安くなってるのでいかがですか?ポイントがたまると500円の割引ができるんですよ」と、説明までしていただきました。

 

私は、ポイントカードを作ることに決め、レジの女性にお願いしました。

 

そのあとも、ポイントカードが倍になる日のご案内もしてもらい、とてもいき届いた接客に思わず感動したので「ご丁寧にありがとうございました」と伝えました。

 

すると、レジの女性は「いえ、こちらこそお気遣い頂きありがとうございます。またお待ちしております。」と、お礼でお返事が返ってきたのです。

 

きっと、この会話を気にすることなく聞いていたら、何気ない日常なのかもしれません。

 

しかし、私はそう思いません。

 

「ポイントカードを持ってない事」と「よく買い物に来る」という話をしっかり聞いていて、それに謝罪の言葉を付け加えることができるんです。

 

「過去に私がポイントカードを作る事を拒否していたかもしれない」とかそういう細かい事は置いといてです。

 

しかも、さっきまでミーアキャット風暴言おじいさまに怒鳴られていたにも関わらず、心を込めて接客ができるのです。

 

感動しました。

 

レジの終わり際には「ご丁寧にありがとうございました」に対して「こちらこそお気遣い頂き、ありがとうございます。」と、お礼をお礼で返すという徹底ぶり。

 

カッコよすぎますよ。人生の先輩!

 

人は、今まで経験したものや得てきたことが、その人の品格に大きく影響すると私は教えて頂きました。

 

人にどういう風にいわれたら嬉しいか、気持ちよく受け止められるか、自分が経験してきたからこそ解ることでしょう。

 

噂話や悪口のような「地獄言葉」よりも、もっと素敵な「天国言葉」をあえて選んで使うことが、自分を大きく成長させてくれるのかもしれません。

 

さて、焼き鳥完成したので、一杯やりますかな

f:id:kenkou630:20180622184503j:image