野うさぎチモ実の健康録

健康・ダイエット・アウトドア・日々思うことを書いていきます。

伊香保温泉 石段街のわっふる屋さん

 ~目次~

伊香保温泉の「石段街」

※写真はイメージです。そのものではありません。

f:id:kenkou630:20180620122417j:plain

毎日たくさんの人が訪れている石段は、伊香保温泉に宿泊していなくても「ちょっとしたグルメが楽しめる」そんな場所になりつつあります。

 

石段の総数は365段あり、由来は「365日ずっと栄える場所であるように」と思いを込めて、2010年に新設されました。

 

実質、400年も昔からこの石段はあります。

 

そんな歴史ある石段で、素敵なお店を見つけたので、ご紹介します。

 

石段街のわっふる屋さんの誘惑

 

石段を登ること60段程したら、なにやら卵やカステラのような、フワッと甘い香りが漂ってきます。

 

私は、甘いものが苦手なので、香りで十分ですが、主人は両目が甘い香りによって、♡になっています。

 

「ダイエット目的で訪れたのに、まだ60段しかのぼってないよ」

 

自称鬼嫁の私がいっても、見向きもしません。

 

若干メタボである主人の視線は、先にある「ワッフル屋さん」から片時も離れません。

 

子犬のような目をしてこちらをみる主人に負け、早速列に並ぶことにしました。

 

石段街のわっふる屋さんに並んだ

 

並んでみたはいいものの、私達の前には、既に3人お客様が待っています。

 

また、前の注文をしている人を見ていると、ホットドリンクも置いているためか、それを提供する時間も重なり、待ち時間が1組3分~5分くらいでした。

 

f:id:kenkou630:20180218224631j:plain

 

極寒でも待てる!恐るべし甘党の精神力

 

ちなみに、今日の伊香保の気温1度、北風の強風です。

 

甘い物好きだと、この環境に立たされても我慢ができるのですね。

 

私は、少し先にある「たまこんにゃく屋さん」から出ている湯気を、背伸びしながら嗅いで待ちます。

 

せっかくセットした巻き髪は、風で豪快に乱れて「メデューサ状態」です。

 

しかも、前に並ぶ小さな子に微笑んだのですが、子供は恐怖を感じたのか、パパに隠れてしまいました。切ない

 

石段は周りに建物があるので、ちょっと温かいイメージを持たれるかもしれません。

 

しかし、イメージとは真逆で、冬は、ちょっとした建物の間から入ってくる隙間風が冷たく、刺すような寒さです。

 

ワッフル屋さんのある場所は、階段の終わりから、次の階段の始まりの踊り場的な所に位置しています。

 

そのため、もろに風を受け、待ち時間は終始ガクブルです。

 

やっと順番がやってきました。

 

いざ石段街のわっふる屋さんで購入

 

店頭に並ぶワッフル達の写真です。

 

女子力高めとはこのことか!?というくらい、めっちゃ可愛いです。

 

カラフルなチョコ?砂糖で出来たスプレー?的なのが掛かってて、まさに女子から支持のありそうなキュートな仕上がりになっています。

 

小倉餡や、抹茶味など和風なのもあって、セレクトによっては、和菓子?洋菓子?な感じを楽しむこともできます。

 

f:id:kenkou630:20180218224559j:plain

 

主人はチョコレートホイップ(オーダーでサンドしてもらいました)を注文しました。

 

子供のような笑顔で、食べようとする主人を止め1枚写真を撮りました。

 

 

f:id:kenkou630:20180218224653j:plain

 

主人が食べた感想

 

ワッフルの生地は結構甘さが控えめ。

 

しかし、しっかりとホイップクリームとチョコクリームは優しい甘さ。

 

ワッフルの外はカリカリしていて、中はワッフルらしいフワッとした食感。

 

食感も味も見た目も色々楽しめる幸せな一品。

 

ぜひみんなに食べてもらいたいです!ブヒィ!!

 

 

…だそうです。

 

ホットドリンクも購入し、ゆっくり一歩ずつ石段を登りながら、美味しそうに完食していました。

  

石段街の温泉まんじゅう

 

今度は、温泉まんじゅうを発見しました。

 

実は、甘いものが苦手な私でも、唯一好きなスイーツは温泉まんじゅうです。

 

黒糖を使っているものが大好きで、温泉街にいくと必ず買います。

 

こんな感じで均等に並べられたタネが蒸されていきます。

 

もちろん、箱詰めされたお土産用もあります。

 

f:id:kenkou630:20180218224832j:plain

f:id:kenkou630:20180218224849j:plain

私はできたてをバラで2つ購入しました。

 

黒糖の香りをまとい、茶色い薄皮で包まれたお饅頭。

 

まだ温かいため、小さいビニールのフィルムが曇っています。

 

私流温泉まんじゅうの楽しみ方

 

実は、温泉まんじゅうを2つ購入するのには、理由があるのです。

 

1つは、もちろんその場で、温かいお饅頭を堪能します。

 

もう1つは、ビニールフィルムに包まれた温かいお饅頭を、ポケットの中でそっと握ります。

 

お饅頭の優しいぬくもりを感じ、ちょっとしたホッカイロ気分で幸せ~になってからゆっくり味わいます。

 

これが、私の温泉まんじゅうの楽しみ方です。

 

 

旦那様、手裏剣にチャレンジ

 

旦那が「射的をやりたい」と何店舗もある射的屋を、ウロウロと眺めていました。

 

すると、ガチの鉄で出来た手裏剣屋を発見したのです。

 

3投で200円と、お手頃価格で楽しめるということで、いざチャレンジ!

 

結果は、見事1投マトに刺さりました。

 

景品は、吸盤付きピストルでした。

 

この、吸盤付きピストルが、主人の心をくすぐったのか、家で子供のように遊んでいました笑

 

伊香保温泉に宿泊しなくても楽しい

 

ちょっと石段で運動しながら、美味しいお店探しをしたりと、宿泊をしなくても十分に楽しむことができます。

 

石段に上る人、降りる人で階段が分かれてるので、混雑している日でも入れ替わりが簡単なので、それほど窮屈に感じません。

 

冬は厚着をして、石段で運動とグルメはいかがでしょうか?